BLOG ブログ


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ

<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
上海視察2009
□3月12日

6月初旬にオープン予定の結婚式場ルージュ・アルダンの家具検品の為、再び上海へ渡りました。今回は少し足を伸ばして蘇州そして杭州へ廻る有意義なスケジュールとなりました。

蘇州、杭州は数年前に訪れて以来の久々の訪問で懐かしさもあり期待が高まります。
上海について早々、降り続く雨に高ぶる気持ちを挫かれながらも、蘇州へ到着、まずは拙政園の拝観です。

蘇州には数多くの庭園が現存しますが、その中でも拙政園は江南庭園の頂点に立ち、明代庭園を今に伝える名園です。太湖石や反り上がった屋根、壁が丸く切り抜かれた月亮門など中国古典庭園の特徴を垣間見ることが出来ました。中国庭園を見ているとどうしてもこういった日本庭園と違う造形に目がいってしまうものです。こうした造型感覚の違いはどこからくるのか?考えを巡らせながらの拝観となりました。

蘇州散策も程々に本日の宿泊先であります杭州のフーチュンリゾートへと向かいました。
フーチュンリゾートの宿泊は二度目でありますが、夜静寂の中にひっそりと佇む門にたどり着くと、ライトアップされたその様相は以前にもまして神秘的に感じ、結界のようなものを強く感じました。ここは市街地から離れた場所にあり、まさに桃源郷と呼ぶにふさわしいものです。一人では十分すぎる広々とした部屋でゆったりとくつろぎ床につきました。

□3月13日

二日目はクライアントと、同行していた弊社のスタッフ(渡辺)とでゴルフコースを廻りリゾートを満喫・・・といった予定でしたが、あいにくの雨。
同日にゴルフを予定していた他の宿泊者達がキャンセルをしていく中、私達は小雨を見計らってプレーを強行。数年ぶりのゴルフに戸惑いながらもまずまずの滑り出しとなりました。次第に私のスコアが崩れていくのと合わせて天候も悪化。わずか4ホールであえなく終了となりました。(^_^;)ちなみに渡辺は贅沢にも初めてのゴルフがフーチュンリゾートとなりました。

ゴルフ後はリゾート内を各所見て廻りました。フーチュンリゾートはメイン塔の他にヴィラタイプの宿泊施設もありグレードによって幾つかのバリエーションの部屋に分かれています。スタッフの方にお願いして幾つか部屋を見せていただくことが出来ました。
ヴィラタイプにはプライベートプールまで併設されており、なんとも贅沢なかぎりです。

その後はスパにビリヤードに食事にとゆったりとした時間を過ごしてリゾートを満喫致しました。


□3月14日

三日目はリゾート気分も一新、一日家具の検品となりました。今回は初の日本家具メーカーによる上海自社工場での製作です。上海に常駐している日本人スタッフ、メーカー担当者も交え家具サンプルを元に形状検証から座り心地、生地選びまで全ての家具を一つ一つチェックしていきました。

気がつくとすっかり日も暮れ、夜は家具メーカーの方々と一緒に食事、そして上海市街地である外灘のバーで浦東の夜景を楽しむといった運びとなりました。スカイスクレーパーが立ち並ぶ浦東の夜景は何度見ても格別で、毎回上海の圧倒的なパワーを感じさせられます。
この日は家具メーカーの方々とも話が盛り上がり、深夜遅くの就寝となりました


□3月15日

四日目は上海市内観光でした。上海の主だった場所は今までの訪中で大体廻ってきましたが、今回は改めて新天地に行ってまいりました。新天地は、倉庫をコンバージョンしたレンガの街並みにオープンエアな店が多く、建物も低層の為昼間は日差しがよく降り注ぎ、ただ歩いているだけでも心の晴れる私の好きな街の一つです。

しばし新天地で買い物をした後は、前回の訪中時にも訪ねたスパ(グリーンマッサージ)に行ってまいりました。再び足ツボマッサージをうけ、改めてその腕の確かさにただただ体をゆだねていました。

夜は浦東で舞台をみてきました。それは中国の歴史を時間軸で区切り各時代時代のイメージを踊りによって表現するといったものでした。鮮やかな衣装と舞台美術、そして壮大な踊りの世界はヴィジュアルによって中国の歴史を感じ取ることのできた新鮮な時間でありました。

この日は南京東路のロイヤルメリディアンホテルで食事を取り就寝しました。


□3月16日

日本へ帰国する日です。今までと比べると長い滞在期間となりました今回の訪中も今日で最後です。朝は少し早めに起床しホテルで朝食を取った後、少し南京東路を散策しました。
今上海では2010年の万博に向けて各所で準備が進められています。南京東路にも万博のオフィシャルショップが設置され色々なグッズが販売されています。2005年に開催された愛知万博が昨日のことのように思い出されます。
南京東路での最後の散策を終え上海空港へ、そして日本へと帰国しました。

今回の訪中でも上海各所で建設中の建物が見受けられ、まだまだ成長し続けている街であることを感じました。また上海万博に向けての建設が随所で見られ、テレビでは万博のオフィシャルCMが流されているなど、街上げてのイベントに活気付いているように感じました。2010年、どういった万博になるのか見ていきたいと思います。

d0139475_22181230.jpg

フーチュンリゾートエントランスホール

d0139475_22192943.jpg

家具工場視察

d0139475_2220271.jpg

新天地
[PR]
by toriidesign | 2009-05-21 22:27

PAGE TOP

【HOME】 >