BLOG ブログ


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ

インテリアデザイナーとして
私はこのインテリアデザイナーという職業を
天職であると思い込んで仕事をしています。
1959年私は双子の弟として名古屋に生まれました。
幼い頃から絵が好きで、自分の中に絵の才能があるのではないかと
子供心にそう思っていました。
兄も絵が好きで芸大に進学し、私はデザインというそのころ新しいカテゴリーとして
浮上して来た専門学校に進みました。
そこで出会った師である田中ミオシ先生の名言が私の人生の教訓となり
デザイナーとしての生き方を決めてくれたのです。
「名刺にデザイナーの肩書きがあっても、本当にデザイナーと呼べる人は少ない。
デザイナーの肩書きがなくても、あの人はデザイナーだと言われるくらいの本物になれ」
人生は人との出会いによって大きく変化します。
その時の出会いがその人の人生の根底まで変えてしまうことがあると聞いたことがあります。
私は今までいろいろな出会いをしてきました。
その出会いがあったからこそ今の自分が存在していると信じています。
こうして今現在インテリアデザイナーとして成立していけるのも
その人達のおかげであると心から感謝すると共に、今後一層の努力をし
皆様の期待に応えるよう精進してまいりますので宜しくお願い致します。
[PR]
# by toriidesign | 2008-02-20 11:54 | 仕事
マンダリンポルト レセプションパーティー
2月2日にハウスウエディングのブラスがセントレア空港の直ぐとなり「りんくう常滑」にマンダリンポルトをオープンすることになりました。
先日レセプションパーティーに招かれ行ってまいりました。ブラスのパーティーは今回で2回目の参加になりますが毎回サプライズな企画がなされ、訪れた人々を楽しませてくれています。
私共は建物と空間を任された訳ですが、完成した瞬間のクライアントからの第一声が大変気になるところであります。
今回パーティーでブラスの河合社長は私を紹介する際になんとも想い掛けない感激する言葉をプレゼントしてくれました。その言葉は恥ずかしくて自分からは言えませんが、私達デザイナーにとってデザインするということは、世の人々の心を豊かにし幸せにすることであると改めて胸に深く刻むと共に、私共のデザインを理解して頂けるクライアントの皆様に感謝の意を抱いた1日でした。
d0139475_1201259.jpg

d0139475_1243944.jpg

d0139475_1213978.jpg

[PR]
# by toriidesign | 2008-01-31 13:52 | 仕事
年始の挨拶
こんにちは、代表の鳥居佳則です。
この度ホームページをリニューアル致しました。
鳥居デザイン事務所の最新情報や私の個人的なニュースや心境も
このブログなどを通してみなさまにお伝えできるように致しますので、
どうぞよろしくお願い致します。

昨年は激動の年となりました。
「偽」という言葉が世間を賑わし、なにが正しくて、なにが正しくないのか。
なにが良いもので、なにが悪いものなのか。
私達の信じるという精神が大きく揺らいでしまいました。
今年はみなさんにとって「真」の年になることを強く願います。

私自身もデザイナーとして、一人の人間としての「真」をしっかりと見極め、
今年は公私共に心機一転「飛躍」の年にしたいと思います。

改めまして、今年も一年どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
# by toriidesign | 2008-01-22 22:08 | 仕事

PAGE TOP

【HOME】 >